さまざまなパックの体験談

パックが好きでこれまで色んな物を試してきました。金額的にあまり高いものは試したことがないのですが、プチプラのパックでも効果が狙えたり、リフレッシュできていい気分転換になります。たくさんのラインナップが展開されているパックでは、桜などの季節物を購入したり、果物関連の物を選んだりします。気に入っているのはザクロやアロエなど、美肌効果が期待できそうなものをよく使用します。使ってみていいなあっと思ったのは、ハチミツを使用した、塗り心地もまさにハチミツのようなパックは潤いが感じられて、肌がしっとりしました。その他ヨーグルトを原材料としたパックもあり、まさにヨーグルトのような匂いと滑らかな塗り心地がします。いずれも15分程度置いて洗い流すと、肌が落ち着いて手入れしやすくなりました。また、評判がいいと聞いて、手作りのパックではベビーパウダーを使用した美白パックをやってみたこともあります。直接的な効果ははっきり分かりませんが、やったあとは肌の色が明るくなった気がします。http://xn--eck1fw424a.jp/

出産後に急に合わなくなったクレンジングオイル

学生の頃からDHCの商品をカタログで楽しみながら選んで使用していた私です。基礎化粧品に関しては他の会社の物も使用したりしましたが、ディープクレンジングオイルとオリーブバージンオイルだけはずっと使用していました。どんなに頑固なメイクもきれいさっぱり落としてくれるディープクレンジングオイルが頼もしく大好きでした。洗いあがりもすっきりだけれどつっぱらず壮快です。
そんな私が出産を機に急にディープクレンジングオイルが合わなくなってしまいました。使用すると肌にかゆみを感じるようになり、使用をやめてもしばらくそのかゆみは治まりません。10年以上使用してきたのにショックでした。
出産を機に体質が変わると聞いたことがありますが、本当なのだと実感した出来事でした。
この出来事がなければ私の体調の変化を自分で知ることも気に掛けることもなかったので、今ではディープクレンジングオイルが教えてくれたと思っています。2回目の出産の後は普段使用している化粧品にも気をつけるようになりました。また、過去にあっている化粧品が必ずしもずっと肌にあうわけではないと知りました。
ちなみにオリーブバージンオイルは今も私の肌を乾燥から守ってくれています。発毛の詳細はコチラへ

知っておきたい代表的なスキンケア成分についての知識

スキンケア商品を選ぶ際に知っておきたいのが、次の4つのスキンケア成分についての知識です。1つ目は美白成分です。メラニンが生成される際に必要となるチロシナーゼという酵素の活性化を抑制してくれるビタミンC、アルブチン、ハイドロキノンなどが有名です。これらの成分にはシミを薄くする還元作用も期待できます。2つ目は抗酸化成分です。老化の原因物質の一つである活性酸素を除去する働きを持つ成分で、ポリフェノールやカテキン、老化抑制作用を持つ植物ホルモンの一種カイネチンなどもあります。3つ目が保湿成分です。代表的なヒアルロン酸は優れた保湿力を持っており、エステメニューなどでも幅広く活用されています。また、ヒアルロン酸の2倍の保水力を持つリピジュアや保湿の大切な役割を持つアミノ酸などもあります。4つ目は肌再生成分です。ビタミンAは表皮細胞を再生し、大豆に含まれるイソフラボンは皮膚の代謝を促進してくれます。これらの成分がバランスよく配合されている商品を選ぶようにすると失敗が少ないでしょう。クビニキビは治療する必要はありません

絵をかきたいという欲求

大人になってから絵を描きたいなと思うようになってきた。
昔から絵を描くのは苦手で、それがコンプレックスだった。
でも、それはただ単に絵を描く経験が極端に少なかったから絵が上達しなかったんだということに気が付いた。
やっぱり絵が上手な子というのは絵を描くのが好きだから、必然的にいつも絵を描いていたりするので絵を描いてきた経験が多いのだ。
もちろん、もともと絵の才能があるというのもあるだろうけど、プロでやっていくわけではなく趣味程度なら才能はあんまり関係ないのかもしれない。
それで、絵の練習をしたら私もある程度は描けるようになるかもしれないと思うようになってきた。
まあ、絵の勉強をしてないので技術とか絵画の歴史とかは全く分からないけど、絵の練習として自分の好きだなと思う絵を模写するようにした。
そうしたら、昔よりも絵が上達したような気がする。
とは言っても、まだまだ上手いとは言えないけどコンプレックスではなくなってきたから嬉しいな。